クズダス<用語解説>
一覧へ戻る
た行

 大本営発表
だいほんえいはっぴょう
企業が破綻すると、それまで公にされていなかったロクでもない事実が明らかになることが良くあります。

所詮、通常公表されている情報なんて大本営発表みたいなものなのでしょうか?




 棚卸資産
たなおろししさん
棚卸資産とは、商品などの在庫のこと。

資産なんだからたくさんある方が良いのかというと、そうでもない。
多額の棚卸資産が計上されている場合、そこには売れ残り商品などの滞留在庫が大量に含まれている可能性があるので注意が必要。



こんな会社がありました。

多額の棚卸資産を計上

⇒次の決算で、棚卸資産に膨大な損失を計上し債務超過になる見込みと発表

監査法人交代

⇒やっぱり債務超過にはならないと発表

⇒以後、社長の逮捕などのゴタゴタを引き起こし、上場廃止。会社はその後消滅。


何度も出てきますが、その会社の名はメディア・リンクス




 低位株
ていいかぶ
低位株とは、株価の低い株のこと(⇔値嵩株)。

クズ株は大抵低位株であるが、そうでないこともあり、低位株はクズ株であることが多いが、そうでないものもある。




 テディベア
てでいべあ
第26代アメリカ合衆国大統領セオドア・ルーズベルトが熊狩りにでかけたところ、子連れの母熊に遭遇した。

そこで問題。あなたならどうする?

(1)子熊を先に撃つ
(2)母熊を先に撃つ


(1)を選んだ方
子熊を先に撃つと母熊は驚いて逃げてしまいます。
あなたは、株価が少し上がると喜んですぐに売ってしまうタイプです。大儲けすることは難しいでしょう。
でもご安心ください。そんなあなたでも立派なクズ株コレクターになることは出来ます。

(2)を選んだ方
母熊が撃たれると、子熊はどうしてよいのか分からず、その場に立ち尽くすはずです。すかさず次の弾でしとめましょう。
相場でも政治でも、成功するには冷徹な判断力が必要です。あなたにはその資質があります。



本当のところは、ルーズベルトが遭遇したのは親子連れの熊ではなく、小熊単独でした。そして、彼は小熊を撃たなかったそうです。
「じゃあ、はじめから熊狩りに行くなよ」と思ったのは私だけではないでしょう。

アメリカ人の行動原理、あるいは彼らの考える人道主義またはフェアの精神がどのようなものであるのかを知る一端となるのではないでしょうか。


先ほどの問いに対する私の回答は
「己の楽しみのために生き物を殺すのは良くないよね」です。




 デリバティブ
でりばてぃぶ
デリバティブ?

ピザが好きだな、オレは。
えっ、違うって? じゃあ、寿司?


オプション?

知ってるよ。別売ってことだろ。
クルマにカーナビ付けたり、ロケットランチャー付けたりすることだね。


スワップ?

いやぁ、オレそんな趣味ないから。




 十一
といち
といちとは、10日で1割の利息を取ること。または、高利を請求する悪徳金融業者のこと。

私ならそんな非道なことは絶対にしません。
10日につき臓器一個で勘弁してあげます。